TOP

やすだ泌尿器科クリニック(安田泌尿器科クリニック)ロゴインターネット&専用電話からのご予約
やすだ泌尿器科クリニック(安田泌尿器科クリニック)電話番号
当院では、膀胱炎や前立腺炎、尿道炎をはじめとする尿路感染症の診断・治療を行っています。

膀胱炎(女性に多い尿路感染症)

女性に多い病気で、男性に起こるのは稀です。女性は身体の構造上、尿道がたいへん短いため膀胱炎をおこしやすく、年齢を問わずかかりますが、若い方に多く見られます。女性の外陰部にいる細菌が尿道から入って膀胱粘膜に付着、繁殖して起こります。 通常は菌が入っても、膀胱の感染防御機構が働いて膀胱炎にはなりませんが、次のような要因が重なると、膀胱炎になることがあります。

  • ストレス
  • 疲労
  • 冷え
  • 体調不良(風邪をひいた後など)
  • 尿を我慢し過ぎた
  • 生理後
  • 1日の尿量が少ない
  • 不潔な性行為 など

膀胱炎の症状

症状としては排尿痛、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹部痛(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い、などがあります。

膀胱炎の検査と治療

検査は、尿検査と尿の細菌培養検査で診断します。トイレで紙コップに尿を採って来ていただき、それを顕微鏡で見て白血球が増えていれば膀胱炎と診断します。 治療は、抗生剤を3~5日間、内服します。通常1~2日間で症状は良くなり、3~5日間の治療で治癒します。
尿の細菌培養検査
原因菌の種類、およびその細菌にどんな薬剤が有効かを調べます。
細菌の種類としては、大腸の中にいる大腸菌、腸球菌や、皮膚・粘膜にいるブドウ球菌、連鎖球菌などがよく見られます。クラミジア(性感染症)のこともあり、「クラミジア膀胱炎」が疑わしいときは、尿中クラミジアのDNA検査(クラミジア菌を検出する遺伝子検査)を行います。

前立腺炎(男性に多い尿路感染症)

前立腺炎とは、前立腺に炎症を起こした状態を言います。
問診や検尿、前立腺触診(肛門から指を入れ、直腸を通して前立腺の大きさや硬さ、表面の状態、圧迫痛などを調べる検査)によって炎症状態を調べます。超音波検査や血液検査が必要になるケースもあります。
急性前立腺炎と慢性前立腺炎がありますが、これらは症状や経過が大きく異なります。


急性(細菌性)前立腺炎

前立腺炎は急性の場合の多くは、尿中の細菌による感染で起こり、高熱(発熱)や排尿困難、排尿痛や残尿感、頻尿症状を伴います。前立腺の腫れのために尿道が圧迫され、排尿障害や時には尿閉(尿が出なくなる)になることも少なくありません。抗菌薬の点滴や内服薬で治療します。炎症が強いと、入院加療が必要になるケースもあります。

慢性前立腺炎/慢性骨盤疼痛症候群(CP/CPPS)

慢性前立腺炎はあまり一般的な病気ではありませんが、年齢は20~40歳代の若い世代に多く見られます。
症状は陰部の不快感、排尿時・排尿後の痛み、射精時・射精後の痛み、精液に血が混じるなど、いろいろな症状を呈し、その程度も様々です。
細菌感染によるものもありますが、原因のはっきりしない場合もあります。骨盤内の鬱血が影響しているケースもみられます。
潜在的な患者数は多く、全男性の約5%がこれらの症状を経験していると言われます。治療法は抗生物質や漢方薬の投与、生活指導ほかいろいろです。難治性、反復性のこともあり、症状が改善するまでに数ヶ月を要することも少なくありません。

尿道炎

尿道炎は、尿道という尿路の出口に細菌が感染した状態のことを言います。
尿道炎は主に男性に多くかかる疾患で、性行為によって感染することが殆どです。
思い当たるような性行為があって2~7日の潜伏期間を経て尿道口から濃い膿がたくさん出て、排尿痛が強いようなら淋菌による尿道炎、すなわち淋菌性尿道炎が疑われます。
一方、性行為があって1~3週間の潜伏期間を経て尿道口から水っぽいような薄い膿が少量出て、排尿痛が軽いかほとんど無いようなら、淋菌以外の病原菌による尿道炎、すなわち非淋菌性尿道炎が疑われます。非淋菌性尿道炎の約半数はクラミジアが原因と言われます(クラミジア尿道炎)。ほかには大腸菌や腸球菌などの腸内細菌、皮膚や粘膜の常在菌、マイコプラズマやウレアプラズマによる細菌性尿道炎も知られています。

尿道炎の検査

尿を採取し、尿中の白血球を確認して感染の有無を診断します。
淋菌性尿道炎では、クラミジアが混合感染しているケースがあります(20~30%)ので、淋菌性尿道炎ではクラミジアの検査も同時に行われます。
淋菌・クラミジアの診断のためには、PCR検査(核酸増幅法検査)を用います。

尿道炎の治療

尿道炎の治療には抗菌薬を使用しますが、淋菌とクラミジアに対して使用される薬剤の種類が異なります。治療後も検査を受け、治癒を確認することが大切です。
なお性感染症としての尿道炎の場合は、ピンポン感染を防ぐために、パートナーの検査・治療を同時に行うことが重要です。