TOP

やすだ泌尿器科クリニック(安田泌尿器科クリニック)ロゴインターネット&専用電話からのご予約
やすだ泌尿器科クリニック(安田泌尿器科クリニック)電話番号

やすだ泌尿器科クリニックでは泌尿器科専門医による性感染症(STD)の検査や診療を行っております。

性感染症かもしれないとお悩みの場合は門真市や寝屋川からも近い当院へご相談ください。

保険証を使わないで検査・治療ができます

保険外診療(自費診療)の場合、保険証を使わない治療が可能です。
ご家族に知られることなく性病検査・治療ができます。

性病とは

性病(性感染症)とは「性行為を介して感染していく病気」です。
性病を発症すると、尿道炎や膿の排泄などのように、体に異常が現れる場合もありますが、自覚症状がほとんど無いケースも少なくありません。性病に感染したことに気づかないまま他の人との性的接触を重ねていると、どんどんと感染を広げてしまうことにもなりかねないため、注意が必要です。
少しでもいつもと違う違和感を感じたら、泌尿器科など、専門医療機関を受診しましょう。
早期に感染を知って、早期に治療を行えば、ケースによっては一回の治療ですっかり治すことも可能です。性病に関しても「早期発見・早期治療」が大切なのです。

性病についてさらに詳しくはこちら

クラミジア感染症

病原体はクラミジアトラコマティスで、性行為における粘膜同士の接触によって感染します。潜伏期間は、1~3週間です。症状としては、男性では排尿時痛や尿道掻痒感が生じますが、女性では症状が軽く、無症状なことも少なくありません。
診断は、性器や尿道からの分泌物や、尿、口腔内からの抗原検出、核酸増幅法(検出したい病原体の遺伝子を試験管内で人工的に増やし、検出する方法)などで行います。
治療には抗菌薬(マクロライド系、ニューキノロン系が中心)を使います。薬を内服していても、新たな性交渉を持つと再感染する可能性がありますので、ご注意ください。

性器ヘルペス感染症

病原体はヘルペスウイルスで、性行為による皮膚・粘膜病変部との接触によって感染します。潜伏期間は2~10日です。症状としては、性器の痒み、不快感の後、水泡、びらんが生じます。診断は病変部からのウイルス分離、抗原検出や核酸増幅法で行います。
治療には、抗ヘルペスウイルス薬(アシクロビル、バラシクロビルなど)を使います。薬の種類には内服薬と塗り薬があり、症状や程度によって使い分けます。自身の免疫力によって自然に治ることもありますが、症状が強くなったり、再発を繰り返したりすることが少なくありません。

梅毒

病原体は梅毒トレポネーマで、性行為による皮膚・粘膜病変部との接触により感染します。潜伏期間は、約3週間です。症状としては、感染部位(性器、口など)に赤色の硬いしこりやただれができ、近くのリンパ節が腫れます(第1期)。
その後、3~12週間くらいの間に、発熱、全身倦怠感などの全身症状とともに、皮膚に様々なタイプの発疹が現れ(第2期)、さらに10~30年の間に心臓や血管、脳が冒されます(第3、4期)。
診断は、感染が疑われる行為から6週間経過以降に、血液を採取して検査します。 私たちの体は体内に抗原(病原体)が入ってくると、それと戦うべく「抗体」をつくり出します。梅毒検査では、その原因菌(梅毒トレポネーマ)に感染することによって体内でつくられた抗体を検出することで、感染の有無を判定します。
治療には抗菌薬(主としてペニシリン系)を使います。感染から長い期間が経過していても治療は可能ですが、そうした場合には、治療が長引くケースが少なくありません。感染から3ヶ月以内の治療開始が望まれます。早期に治療すれば、比較的治りやすい性病です。

淋病

病原体は淋菌で、性行為による粘膜接触で感染します。潜伏期間は2~7日です。症状としては、男性では、おしっこをする時に激しい痛みが走る、尿道から黄白色の分泌物が出る、などの症状がよく見られます。女性では、おりものや不正出血が見られるか、あるいは症状が軽く、気づかないことも少なくありません。
診断は性器、尿道からの分泌物や口腔などからの病原体分離培養、あるいは核酸増幅法で行います。
抗生物質を、注射や点滴で投与します(通常は1回)。内服薬が用いられることもありますが、耐性ができて効かなくなってきたため、現在では以前ほど使われません。原因菌が耐性菌だった場合など、治療後に症状があまり改善しない場合には、処方する抗生物質を変えてさらに治療を継続し、完治を目指します。

尖圭コンジローマ

尖圭コンジローマは、性器に発生する一種の「いぼ」です。病原体はヒトパピローマウイルス(6型、11型が多い。子宮頸がんを発症しやすいのは16型、18型)で、主に性行為による皮膚・粘膜病変部との接触で感染します。潜伏期間は3週間~8ヶ月(平均約3ヶ月)です。このウイルスに感染していても、症状が出ないケースが多いことも知られています。
症状としては、性器や肛門周辺などに、先の尖ったイボのような腫瘍が多発し、時にはまるでカリフラワーのように見えることもあります。痛みなどはほとんど無く、せいぜい痒みや軽い異物感程度のものです。
診断は、コンジローマが独特な形態をしているため、病変部を観察すれば、ほとんどの場合、それだけで診断がつきます。子宮の入口にできたものについては、組織を採取して、病理組織学的に診断することもあります。
治療は、「ベセルナクリーム5%」という塗り薬の塗布、液体窒素を用いた凍結療法、電気メスや炭酸ガスレーザーなどによる切除を行います。
塗り薬による治療では、週に3回、就寝時に塗り、翌朝洗い落とします。治癒するまでに時間がかかりますが、自宅で治療を行えるメリットがあります。

ケジラミ症

病原体はケジラミです。性的接触による陰股部、陰毛との直接接触による感染が多いのですが、衣類・寝具などを介する間接的感染もあります。潜伏期は不定ですが、1~2ヶ月が多いようです。症状としては寄生部位(主に陰股部)の強い痒みです。
診断は、皮膚・陰部・毛髪などの虫体や虫卵を確認することによって行います。
治療では剃毛するか、フェノトリン(スミスリン)パウダーあるいはシャンプーを用いて除虫します。

性感染症が疑われる症状

次のような症状がある場合は、性感染症が疑われますので、早めにご相談ください。

  • 性器に「腫れ」が見られる
  • 性器がヒリヒリする
  • 性器にブツブツが生じた
  • 性器から膿のような粘液が出る
  • 下着に見慣れない汚れが付着するようになった
  • おしっこをする時に痛みや違和感が伴う
  • 性器周辺に痒みがある
  • おりものの量が増えた
  • 性器の痒みがある
  • 性器のにおいが気になる
  • 外陰部に痛みがある など

院長からのメッセージ

性病かなと思ったら早く受診しましょう。 基本的に、まず心当たりがあれば受診です。 クラミジア尿道炎は無症状の時も多いです。 ほっておくと疾患によればどんどん悪化します。
症状は様々ですが、明らかに排尿時に痛みがある、残尿感がある、陰茎の先から膿がでる、皮膚のできものや異常なブツブツなど、あればわかりやすいですから。 パートナーがいれば、うつしている可能性もありますよ。 沢山恐いことを言ってすみません。でも、早期発見、早期治療が大事です。


だからと言って、痛い診察など行いません。恥ずかしいとか怖いとか思うかもしれませんがプライバシーは配慮しております。ですから、まずは気軽に受診してくださいね。
無症状でも性病を疑うようならまず相談に受診しましょう。しんどい検査や痛い検査も全くなく、プライバシーも完全に保護されてますよ。

性病についてさらに詳しくはこちら